1.犬の入手先を考えましょう

犬の入手先を考えましょう

 

どうぶつの命が大切に守られている動物福祉先進国では、生体販売が禁止されており、お店にはどうぶつのごはんや雑貨しか売られていない国がある一方、日本は小さな犬や猫などを、商品のように小さなショーケースに入れ、命に値段を付け販売しています。

全国のペットショップはもちろん、どこのホームセンターでも生体販売をしているこの社会環境は、どこの国にもあるものではありません。


本来、産まれたばかりの犬たちには、母親のもとで心身ともに愛情と栄養をもらい、母犬や兄弟犬たちと遊びながら関わり方を学んでいく時期が必要不可欠です。しかし、日本では小さければ小さいほど売れる傾向にあるようで、ショーケースに入れられた仔犬たちは、産まれてすぐに母親と引き離されてしまいます。早くにひとりぼっちにされ、社会との関わりが遮断された結果、必要な経験が詰めず、社会性が乏しい犬に育ってしまいます。

 

社会性が身につかないということは、経験が乏しいため関わり方が分からず、恐怖心の大きい性格の犬に育ってしまったりなど、後々恐怖心からの吠えが激しくなったり、攻撃的な行動が出てしまったりなどの問題行動が生じてしまうのです。

 

またペットショップにおいては、別の視点でも十分に考えなければなりません。ペットショップにおいて、流通過程を知りましょう。

 

ショーケースに入れられた仔犬たちを産んだ親は、どんな環境でどんな生活をしているのでしょうか。そして、売れ残ってしまった犬たちもどこにいくのでしょうか。時々ニュースで報じられていることが、現状です。

そんなことを深く考え、賢く入手先を検討してほしいものです。

 

ここでは、ペットショップ以外の入手先についてご紹介します。

1、保健所、地域の動物保護団体
・県の動物管理指導センターでは、仔犬の里親募集がされています。
・市の動物愛護センターでは、迷子犬の一定期間後に里親募集がされています。
・動物保護団体が全国各地に存在しています。ブリーダー崩壊現場からレスキュ
ーをしたり、保健所から引き取ったりして、日々沢山の犬猫を助けてくれています。一度信頼できそうな保護団体に問い合わせをしてみましょう。譲渡会が開かれていたり、SNSでも里親募集中の犬猫を紹介しているところが多いと思います。 

2、ブリーダー
犬の交配には、専門的知識が必要です。
日本では、マルチーズとトイプードルをかけてマルプーなどと純血種同士のMix犬が人気があるようですが、いい加減なブリーディングにより、その犬種の気質が考慮されずに作られてしまっていることもあるようです。

迎え入れる犬種が決まっている方は、その犬種だけを専門に交配しているプロのブリーダーさんをお探しになるのが良いかなと思います。
動物愛護法で対面での販売が義務付けされましたが、電話やネットでの取引や様々な犬種を扱っている場合などは、注意が必要です。信頼できるブリーダーさんを探してみてください。

 

またこちら↓も合わせてご覧ください。

⒈ 犬の入手方法を考えましょう
⒉ 環境に合った犬種を選びましょう
⒊ 飼育環境を準備しましょう
⒋ 飼い主さんは犬の知識を
⒌ 犬の教育をしましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

canon DOG&OWNER SCHOOLでは、浜松市にて犬のしつけ相談、ドッグトレーニング、問題行動カウンセリングを行なっています。お気軽にお問い合わせください!

 

canon DOG & OWNER SCHOOL 村松
E-MAIL   canondogownerschool@gmail.com
TEL         090-4232-7600

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー