犬が迷子になったら

このページでは、犬に関わる事でどうしたらいいかわからない方へ参考までに記載しております。詳しい情報は、専門機関へご相談してください。

 

【愛犬が迷子になった場合】

 

愛犬が迷子になった場合は、以下の行動をとりましょう。

1、警察と保健所に問い合わせしましょう。
保護してくださった方が警察もしくは保健所に連絡を入れている可能性があります。警察に届けられた犬は、地域の保健所に送られます。保健所で一定期間がすぎ殺処分にされないよう、まずは迷子になった旨を連絡しておきましょう。

2、ちらしを配ったり、貼らせてもらったりしましょう。
いなくなった場所付近に情報を拡散しておくことは大切です。見かけた方がいるかもしれません。諦めずに頑張ってください。

3、SNSで情報を拡散しましょう。
今ではSNSで様々な情報がえられる時代ですので、見かけた方が情報を載せているかもしれません。

→このとき必要な犬の情報は、
・犬種や毛色、大きさ
・性別
・名前
・マイクロチップの有無
・首輪の有無
・性格(知らない人に怯えるのか、フレンドリーなのかなど)
・迷子になった場所と日時
・見つかった場合の連絡先と飼い主氏名


日頃からの予防

①まずは首輪をつけましょう。

②首輪には必ず、連絡先の書かれたネームプレートと鑑札をつけましょう。

鑑札とは、お住いの市へ犬の登録を行った際にもらいます。鑑札をつけることは義務になっています。鑑札がついていれば、保健所に収容された場合など、犬の住所がわかるように登録されてあります。

③またマイクロチップの導入を検討してみましょう。

マイクロチップとは、犬の皮膚の下に埋め込むIDのことです。

首輪をつけていても、予期せぬ事で首輪が外れてしまうことはよくあることですので、マイクロチップは災害時のために安心です。マイクロチップに関する費用や詳しいことは、動物病院に問い合わせください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

canon DOG&OWNER SCHOOLでは、浜松市にて犬のしつけ相談、ドッグトレーニング、問題行動カウンセリングを行なっています。お気軽にお問い合わせください!

canon DOG & OWNER SCHOOL 村松
E-MAIL   canondogownerschool@gmail.com
TEL         090-4232-7600

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー